最近はちょっと体調があまりよくなかったりするので、
自宅利用型テレワークをしています。

国も働き方のひとつとしてテレワークを推奨していますよね。
つい先日、厚生労働省が2018年度輝くテレワーク賞の受賞者を発表し、
味の素、アフラックなど大手企業が受賞されました。

他にも様々な会社がテレワークの導入に向けて動いているというニュースもあり、
今後ますますテレワークが進んでいくのではないかと思います。

ただし、一方ではテレワークによって組織やチーム力の低下、
情報漏洩のリスクが高まる、コミュニケーション不足など、問題もあると言われています。

実際に私が感じた問題もあります。


1・ディスプレイ不足問題

事務所ではデュアルディスプレイ(パソコン1台で2画面)で作業しています。
デュアルでないとこれが非常に効率、いや今風に言うと生産性が下がるわけです。

一方で診断書をみたり調べ物をして
もう一方で申立書を作ったりするとスラスラ進むのですが、
1画面だとファイルを確認して閉じてまた別のを開いて書いて~となかなかな時間がかかります。

どうやらテレビに繋ぐということができそうなのですが、
配線とかそいういったのは苦手なのでやらずにおります。作業する配置的にもいまいちですし。


2・ネコかまってくれくれ問題

我が家のネコは犬みたいによくなつきます。
家にいる間は人間の後をずっとついてきます。トイレまでついてくるんですよ。

↓この子です
12035

ネコと暮らしたことがある人なら分かってもらえると思うんですけど、
パソコンのキーボードに乗りたがります。新聞も載りますよね。

もーパソコンだけは本当にやめてちょうだい!というのですが、
知らんぷりして何度もトライするわけですよ。
もう何度かつづくと、人間が別の部屋に避難します。

ひとつ賢いなと思ったのは、お客さんとの電話中にはなぜか鳴かないことです。笑


あとは調べ物をするときに事務所においてある本が読みたかったり、
そいういったことはあるのですが、そのくらいですかね。

今はインターネット環境があればクラウド上でファイル管理ができたり、
メール確認もいつでもどこでもできます。

ひと昔前は会社にいかないとメール確認ができなくて、
「まだ外なのでメール確認できていません、すみません!」といったやりとりを懐かしく思います。


ただ、同じ事務所でたまに世間話もしながら一緒に働くことは、
信頼関係の構築には一番重要なことだと思いますし、
仕事終わりに飲みに行こうと誘い合えることだってとても大事だと思っています。
この仕事終わりの飲みでどれだけ救われてきたことか(>_<)


なので、テレワークについてもバランスが大事ですね!





↓応援よろしくお願いします(^^)
にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ