前に不支給決定を受けた方の再請求をして、受給権が得られた決定が続きました。

ひとつは心疾患の社会的治癒が認められて、
もうひとつは精神の障害です。

あと、額改定請求をして認められた決定も続いています。
ふと思ったのが、額改定請求を代理して認められなかったことって無いなと気がつきました。
それだけおかしな決定も多いということです。

障害状態に変化はないのに、更新の時に2級から3級へ下がったりすることもあるんです。
障害が重くなっているのに等級そのままとかもあるんです。

もちろんちゃんと審査されることがほとんどかと思いますが、
おかしいものはおかしいので、額改定請求とか支給停止事由消滅届で対応していかなくてはと、さらに強く思うようになりました。


さて、先日は地元で面談がありまして、そのときに母校(高校)の前を車で通りましたが、
駅から学校までの感じがほとんど変わっていなくて懐かしかったです。

そうそう、在学中に創設30周年があって南こうせつさんをよんでコンサートがあったんです。
卒業生ってわけではなくて、南高校なので「南」繋がりということで笑

当時はGLAYとか好きでよく聴いてましたけど、
こうせつさんの歌でとても感動したことを思いだしました。
ルーズソックスが流行ってましたし、時代を感じますよね( ^ω^ )



↓三河地域の方の問い合わせもお待ちしています(^^)
にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ