様々な専門職の方からご相談をいただくことが増えてきました。

多くは、弁護士・司法書士・税理士など士業の方たちで、
他には、生活訓練作業所の臨床心理士さんからもご相談をいただきます。

当たり前ですが、皆さんその道のプロなので、専門分野は非常に詳しいわけです。
わたしも分からないことがあればすぐに相談し、お客さまへ紹介したりします。

少し前ですが、うちで代理して障害年金を受給された方のご家族から、
これから受けられる支援について教えて欲しい、というご相談がありました。

支援については様々ありますが、その方は進行性の難病で、さらに精神のご病気もあり、両方の進行が進むと判断能力が乏しくなる可能性があります。
ということで、知人の司法書士さんを紹介したところ、これからの状況によって成年後見制度を検討されることになりました。

※成年後見制度とは、判断能力が不十分な方々の権利や財産を、法律面や生活面から保護し支援するためのしくみです

餅は餅屋ですね
わたしもお客さんから言われたことがあります。
自分でついた餅よりも、餅屋の大将がついた餅の方が何倍も美味しい。それはそうですよね!

自分で手続きを進めるよりも、専門家といわれる社会保険労務士に安心して任せた方が何倍もいい。
このように思ってもらえるように頑張らなくては!といつも思います。
その分責任も感じますが、頑張ります(^^)

そんな餅屋であるわたしたちですが、
「専門職間の連携が大事だ!」という考えは、士業同士でも高まってきていると感じます。
もちろん以前からそういった考えはあったと思いますが、
最近は研修を一緒にして、連携できるようにしていこう!と動いているところも多いです。

わたしも今月、愛知県司法書士会の研修に参加してきます。
精神保健福祉士や社会福祉士もいらっしゃるので、仕事現場の話など聞けたらいいなと思っています。

一応、社会保険労務士の数名が代表として参加するので、
しっかりやってきたいと思います(^^)



↓こちらをクリックして応援していただけると嬉しいです!
にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ